運動ダイエット

【調査!】腹筋というものは本当に割れるのか!?

 

いつか腹筋を割ってみたい。

そう思っている人は私だけではないはず。そう思ってはいても、まずこの脂肪がなくならないことには割れるものも割れないとは思いつつ・・・。それにしても、腹筋って本当に割れるのでしょうか。今から努力すれば私も何とかなるのでしょうか。こんな私にも割れた腹筋を手に入れる方法を調べてみました。

 

調べてみると、「腹筋」と検索ワードを入れただけで、勝手に「割る」とか「割り方」とかが出てきます。そして見てみると「これをするだけで確実に割れます」と言うようなことが大抵書いてあるのです。

 

では、なぜ私のお腹は割れていないのか?続けられないからですよね。辛くて、3日続けばいいほうなのです。世の中の人たち、そういう人が多いのではないでしょうか。私は多いと信じています。

 

私(たち)みたいな人が腹筋を割ることのできる方法を探さなくてはなりません。

そして違うワードで調べてみると、驚きの結果が!

 

ご存知の方もいたかもしれませんが、腹筋と言うものはそもそも男性は体脂肪率15%以下、女性は17%以下になると割れ始めるそうです。オーマイガッ!まさか筋トレだけでなく、体脂肪のことまで考えなければならないなんて!!

 

そして、順番もあるそうです。

 

1か月目→筋肉をつける。

2か月目→有酸素運動

3か月目→腹筋を鍛える

 

だそうです。これをたった3か月と考えるか、3か月も!と考えるかはあなた次第ですが、私はとにかく楽をしたいタイプなので紛れもなく後者です。

 

でも、順序までわかっているならあとはやるだけなのかもしれません。やってみたときに、サポートとなる生活習慣をいくつかまとめてみました。

 

シックスパックのための生活習慣

 

私のように、とにかく早く。楽に。

 

と考えてしまう方。痩せてから筋肉をつけるよりも、筋肉をつけてから痩せるほうが効果大!なのだそうです。

有酸素運動を20~30分するよりは、筋トレのほうが家で隙間時間にできるかな?という印象があります。そこで、少しずつ筋肉をつけてからダイエットのほうが、私が大好きな「早く」痩せることができるのなら、そうしましょう。

 

夜は、炭水化物をカットしたメニューがいいそうです。脂肪を減らすには、淡水化物は摂取しないほうがいいのですが、筋肉をつけるには炭水化物が必要です。難しいですね。そこで、朝と昼は炭水化物を食べて、夜だけカットすることで両方に効果が得られるというわけです。

 

 

そして、よく知られているのが「タンパク質」を摂ることです。よく、ダイエット中の人がささ身を食べるのをテレビ番組でやっていたりしますが、あんな感じです。たんぱく質は一度の食事で30グラム以下、毎食摂った方がいいそうです。

 

今話題の鯖缶やサラダチキンを毎食取り入れるといいと思います。おいしいですし。

今回、腹筋を割るための期間、方法、生活習慣などをサラッと簡単にご紹介しました。やはり、腹筋を割るのはそう簡単ではなさそうですね。でもたった3か月なら、まだ夏までに余裕で間に合うし、ちょっとチャレンジしてみようかな。と思ってしまいました。いつの日か、私の腹筋もあなたの腹筋もパッカーン!と割れる日が来ることを願っています。



ABOUT ME
たむすわん
こんにちわ!たむすわんといいます! 私自身アラサーを超えたあたりから贅肉が落ちにくくなり、みるみる太っていってしまい、身長168cm、体重80kgという見事なデブになってしまいました。しかもお腹だけポッコリなメタボ体型でした。そんな私ですが、周りの目がだんだんと気になり、色々なダイエット方法を試し、結果的に15kgのダイエットに成功しました。今まで試したダイエットをこのサイトにまとめていきます!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です