運動ダイエット

ダイエットには有酸素運動が効果的?それとも無酸素運動(筋トレ)?

 

ダイエットの目的は人それぞれです。しかし共通して言えることは何もしなければ変わらないのです。ダイエットは運動と食事が大事といわれますがここでは運動のお話をさせて頂きたいと思います。運動と呼ばれるものには大きく分けて有酸素運動と無酸素運動(筋トレ)がありますがダイエットに効果的なのはどちらなのでしょうか?

 

 

そもそも有酸素運動と無酸素運動って?

ダイエットを志す人であれば一度は聞いたことがある言葉なのではないでしょうか?でも何が違うの・・・

 

有酸素運動無酸素運動の違いはその名のごとく酸素を使うか使わないかです。(そのまんまですね)有酸素運動は酸素を取り込んである程度の時間行うもの。

 

代表的なものにはランニングや水泳が挙げられます。

酸素を取り入れて脂肪を燃焼していくことで体脂肪を落とす効果が期待できます。

無酸素運動は呼吸を止めて一気に力を発揮するような運動で代表的なものでは腕立て伏せや腹筋、短距離走などもこれにあたります。

 

無酸素運動の場合は主に糖をエネルギー源として使い筋肉を大きくする効果があります。その結果、筋肉を大きくすることで代謝がよくなり脂肪燃焼効果を促進するのです。

 

メリット、デメリットは?

どんなものにも良いところ、悪いところはあるものです。それぞれを比較してみましょう。

有酸素運動のメリット・・・直接脂肪を燃焼させる効果があるので体脂肪が多い人には効果的。特別準備するものもないので(ランニングシューズくらい)気軽に始められますね。

有酸素運動のデメリット・・・ある程度の時間続けないと効果が出ないので(最初は糖質がエネルギー源として使用され約20分後から脂肪が使われる)20分以上行うことが望ましいです。(まとまった時間が取れないときびしいです。)普段動かない人が急にランニングなどを行うと膝に負担がかかったりします。(対策として水泳など負担が軽いものや走る際などは土の上を走るなど工夫してみてください。)

無酸素運動のメリット・・・筋肉を付けることで見た目にも美しい引き締まった体を手に入れることができます。体脂肪に関しても間接的ではありますが代謝アップにより改善することができます。短時間でも効果が出やすいです。

無酸素運動のデメリット・・・筋トレをする際フォームが間違っていると腰や首を痛めたりするので正しいやり方で行わないと危険。やりすぎてしまうと筋肉がつきすぎてごつく見えてしまうことがあるので注意です。

 

結局どちらがいいのでしょう?

 

有酸素運動だけをやっていても体重は落ちてきますが見た目は貧弱になってきてしまいます。無酸素運動だけをやっていると見た目にはかなり引き締まっていきますが体脂肪の減りが遅く腹筋などは脂肪の下に筋肉がついてしまいしっかり見ると弛んだお腹になってしまいます。結論としてはこれらをバランスよく行うことで見た目も美しく引き締まった体になっていきます。

 

まとめ

有酸素運動だけではダメ。

無酸素運動だけでもダメ。

何事もバランスが大事です。両方を組み合わせることで理想の体型に早く近づくことができます。有酸素運動は毎日やっても問題ありませんが無酸素運動は毎日やってしまうと筋肉が疲れてしまうので毎日やるのであれば部位ごとに分けて(今日は下半身、明日は上半身といった具合に)やるといいでしょう。どんな事でもすぐに結果は出ません。1か月に~Kg痩せる!!と目標をもって楽しくダイエットしましょう。

ABOUT ME
たむすわん
こんにちわ!たむすわんといいます! 私自身アラサーを超えたあたりから贅肉が落ちにくくなり、みるみる太っていってしまい、身長168cm、体重80kgという見事なデブになってしまいました。しかもお腹だけポッコリなメタボ体型でした。そんな私ですが、周りの目がだんだんと気になり、色々なダイエット方法を試し、結果的に15kgのダイエットに成功しました。今まで試したダイエットをこのサイトにまとめていきます!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です