糖質制限

バターはダイエットの味方!脂肪を燃焼させて綺麗に痩せれる方法とは

バターはパンにも料理をする時にも欠かせないですよね!!

ですが、バターはダイエットに向いている食材…?

バターはカロリーが高くて太るイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか!?

バターを摂りすぎるのも良くないと思いますし、、、と思っていたのですが、なんとバターダイエットをして3カ月で-7㎏減に成功したという記事を目にしました!!

 

これは凄すぎます。。。

バターで-7㎏は凄すぎる、その方法を知りたい!!!!

という事で、バターについて色々と勉強したのでそれを皆様にもご紹介したいともいます!!

今日からバターの見方も変わる事間違いなしです!!!

 

【バターで本当に痩せれるの?】

まず、本当に痩せれるのかが気になるところですよね。バターを食べて痩せれるのか?に関してですが、バターを食べて痩せれる!!という事は有りません。

えーー…という気持ちになりましが、ちゃんとした理由はもちろんあります!!

「バターは痩せるためのサポート役として大きな存在になってくれる」

ココが今回の注目ポイントになります!!

 

バターと言えば、「脂質」です。この栄養がダイエットに大きな影響を与えるという事になります。では一体どのようにダイエットのサポートをしてくれるのでしょうか!?まずはバターの正体について調べてみましょう~~

【バターって一体何!?】

 

バターとは、牛乳を主成分として食用油脂で作られたものになります。

バターはミルク由来の食材となるわけです。

バターはなんだか黄色に見えますよね!

これは、乳脂肪は元々黄色い色となるカロテンが含まれているので、黄色く見えます。

カロテンは、牛がご飯として食べる草に含まれております。夏場はカロテンを多く含んでいるため色が少し濃いめに感じ、冬はその逆になるため黄色が淡い色になるのです。

 

バターの原料がミルクなのがここで分かりましたね!!

そのミルクで作るバターは、ひと箱(200g)作るのに、約4.4ℓ使用します。かなりの量ですね!!

約80%以上が乳脂肪となるのですが、消化がとても良いとされています。

バターには多くのビタミンも含まれているので、とても良い食材なんです!!

【嬉しいビタミンが豊富なんです!!】

バターを食べるとどういう効果があるのでしょうか!?

バターには、「美容効果」「健康効果」があります!!ではその栄養素の働きをご説明致しましょう!!

ビタミンA

牛乳の約13倍以上含まれています。私たちが成長するにあたって欠かせない、皮膚や粘膜を健康に働きがあるため、肌あれを防いでくれます。

ちなみに、牛が食べている草に含まれているカロテンにビタミンAが含まれており、このビタミンAがあるからこそ黄色になるという事になります。

そして、なんと嬉しいのがたくさんの「コラーゲン」を創り出してくれるので、お肌の潤いや弾力やシミしわを改善してくれるのです!!

■ビタミンD

ビタミンDはカルシウムを助ける働きがあります。牛乳に含まれるたくさんのカルシウムを助け、骨を強くしてくれます。また、糖尿病や免疫力向上の働きがあります。

ダイエットの敵である脂肪はビタミンDを摂ることにより、脂肪を摂取しにくくしてくれています

■カリウム

身体のむくみを解消してくれる働きがあります。塩分を排出し、スッキリとした状態を取り戻してくれます。

■カルシウム

骨を強くするだけではなく、ストレスや疲労を軽減する働きがあります。また、脂肪吸収を抑える働きがあります。

■乳酸菌

乳酸菌は最近、ヨーグルトやヤクルト以外にも乳酸菌を含むチョコレートも売られています。この乳酸菌は、腸内環境を整えて便秘予防もしてくれます。また、胃炎など予防する働きもあります。

この栄養素が含まれていることにより、

・アンチエイジング

・美肌

・便秘解消

・むくみ解消

などの効果が期待されます

必要なものばかりですね!!ありがたいです◎

【カロリーや糖質は高くない?】

バター(100gあたり)745カロリーとかなり高い数値ですね。。。

ちなみに、バターにも種類があると知っていましたか!?

・有塩バター…食塩を加えたバターの事。長期保存可能。

・無塩バター…食塩が入っていないバターの事。お菓子を作る際に使用することが多い。

など、他にも様々な種類のバターがありますが、基本はこの3つになります。

有塩バターが先ほどの745カロリーになります。では、無塩バターはどうでしょうか??

無塩バターは、763カロリーとさらに高くなります△

ですが、基本的に食パンなどに使用する量は100gも使いません。1杯約12g弱になりますので、おおよそ90カロリーとなります。これならまだ問題ない数値かと思います!

では糖質はどうでしょうか!?

有塩バター(100gあたり)0.2g

無塩バター(100gあたり)0.2g

これは、ほぼ0に近いという事がわかります。100gでこのグラム数なので、糖質制限ダイエットには向いていることがわかりました!!

そして、今注目されているのがグラスフェッドバターというものがあるので、こちらもご紹介したいと思います。

【グラスフェッドバターって何!?】

今かなり注目されています!!

牧草だけを食べている牛の乳から作られたバターの事です。ちなみにその牛の名前は、グラスフェッドビーフと言います。

牛は基本的に草以外にも穀物やトウモロコシなどを食べて育てられていますが、このグラスフェッドビーフ牧草で飼育されており、エサはその牧草のみになります。

広い敷地に優雅に過ごせるグラスフェッドビーフはストレスも無く、またその牧草を食べているため、健康に育つそうです。

では、一般のバターと違うどこなんでしょうか??

グラスフェッドバターに含まれている脂肪酸には「酪酸」「共役リノール酸」が含まれており、酪酸は脂肪分解の促進と脂肪燃焼効果の働きを持ています。共役リノール酸は、酪酸と同じく、脂肪燃焼効果があり代謝アップの効果も有ります。その為、脂肪を燃えやすい身体作りにしてくれる働きがあるのです!!

グラスフェッドバターのカロリーは、(大さじ1)92カロリー/糖質0.02g

一般のバターと同じくらいになりますが、入ってる栄養が違うので、ココが大事になってきますね!!

グラスフェッドバターはダイエット向けのバターだなと感じますよね!!!

もちろんバターと同じビタミン類なども含まれていますので、ダイエットをするためにはこの「グラスフェッドバター」を食べることをオススメします!!

【注目!!バターコーヒーで簡単ダイエット法!!】

こちらもかなり注目されているのが、コピーにバターを入れて飲むだけダイエット!!です。

このバターというのがグラスフェッドバターになります◎

用意するもの(一人分)

・好みのコーヒー(カップ1杯分)

グラスフェッドバター大さじ1

・MCTオイル少々

・ミキサー

MTCオイルとは、ココナッツから作られた植物油です。体脂肪が付きにくいオイルになります!!コレステロール値の改善など嬉しい効果があります◎

①コーヒーを作りましょう。

②ミキサーにグラスフェッドバターとMCTオイルを入れます。

③最後にコーヒーをミキサーに入れて20秒混ぜて完成!!

簡単に出来ますよ◎

コーヒーは飲みすぎるのはよくありませんが、1日1杯にして下さいね!!シミの原因や歯が黄色くなる原因となりますよ!!気を付けましょう~~!!

とは言いますが、コーヒーは代謝向上と脂肪分解の助けをしてくれますし、何といっても腹持ちがいい!という事で、ダイエット中もコーヒーは飲んでOKなのです◎

カロリーも1杯約200カロリー弱になります。

このバターコーヒーダイエットというのは「朝食を置き換える」というのがポイントになります。忙しい朝に、コーヒーだけでも飲むようにしてみてください◎

そして、ランチと夜ご飯は普通に食べてOK!!

朝食だけ置き換えダイエットです。

そして飲むのは1杯にしましょう!!それ以上飲むとカロリーも増え、効果が表れません△

効果は個人差は有りますが、2週間で4㎏減という方もいるようです!!

※ミキサーでしっかりと混ぜましょう!!しっかり混ぜないとあまり美味しくありません。。。そして、効果も落ちます△

家にミキサーが無い!!という方へ

今、コンビニでも「バターコーヒー」というのが売られているのをご存じでしょうか!?

手軽に買えますし、値段もそこまで高くありません◎

ミキサー出して作る時間が無い!という方はお近くのコンビニで是非お買い求めしてみて下さい!!

【まとめ】

いかがでしたか?バターは意外にもダイエットの味方という事がお分かりいただけたかと思います!!

バターだけで食べるのではなく、何かと一緒に食べる、という所が大事になります◎

バターコーヒーダイエットを是非お試しくださいね!!

 

 

 

ABOUT ME
たむすわん
こんにちわ!たむすわんといいます! 私自身アラサーを超えたあたりから贅肉が落ちにくくなり、みるみる太っていってしまい、身長168cm、体重80kgという見事なデブになってしまいました。しかもお腹だけポッコリなメタボ体型でした。そんな私ですが、周りの目がだんだんと気になり、色々なダイエット方法を試し、結果的に15kgのダイエットに成功しました。今まで試したダイエットをこのサイトにまとめていきます!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です