糖質制限

生クリームで糖質制限は出来る!?我慢をしないダイエット法とは!?

 

誕生日・記念日・イベント・おやつで生クリームを食べることもあると思います。スターバックスなどカフェに行くときにコーヒーの上にクリームが乗っていることも多々ありますよね。そんなクリームはダイエットの敵!!と思い込んでいる方も多いはずです!!

私もその一人です~!

でも時には甘いものを摂取してストレス発散したいですよね。そんな食べたいときの生クリームを糖質制限中でも我慢せずに食べることは出来るのでしょうか!?

今回は、「生クリームについて」いろいろご紹介いたします!!

生クリームの種類をご紹介しちゃいましょう!!

生クリームは「動物性」と「植物性」という2種類あるという事はご存じでしょうか!?

また、この2つが混ざった「混脂タイプ」もあります。

生クリームというのは、牛乳や生乳を原料として植物性油脂や添加物を含まないものになります。また、乳脂肪分18%以上のものを生クリームと決められているのです。

基本的に、商品名に「生クリーム」と表記されているものは本来の製品となり、以外のものは「ホイップ」や「フレッシュ」という名前で売られています。これは、生クリームではありません。

では、この知識を知った上で「植物性」と「動物性」についてもう少し中身を説明致しましょう!!

●植物性について

 

植物という名前が付いている通り、ヤシ油や大豆油など植物より摂取したものになります。そこへ乳化剤を加えてクリームに加工している状態です。味わいは濃くないさっぱりとしたように感じます。植物性に関しては、「生クリーム:という表記は出来ず、「ホイップ」「フレッシュ」という名前が付いてスーパーに売られています。

生クリームでは無いため、金額も安くなっています。

使用法は、デザート等のデコレーションなどです。色がかなり白いため、見た目もきれいに仕上がります◎

クリームの濃い味が苦手な方はこちらがオススメ!!

でも、植物性のホイップは、泡立てるのに少し時間が掛かってしまいます△電動泡だて器を使うのがオススメですね。

●動物性について

 

動物性というのが「生クリーム」そのものになります。つまり本物という事ですね!!

乳脂肪分18%以上と規定されていますので、商品名に生クリームと表記されています。

こちらは植物性のものと比較すると、かなり濃い触感を味わえます。色も、少し黄味がかった色をしています。

こちらは、短時間で泡立てることが出来ますが、逆に泡立てしすぎると、分離してしまう恐れがあります。気を付けましょう!!

どうでしょうか!?植物性と動物性で種類が違うという事がお分かりいただけたかと思います!!

わかりやすく伝えますと、

植物性=ホイップ

動物性=生クリーム

という事です!!是非覚えておきましょう~◎

これを知った上で、生クリーム・ホイップクリームのカロリーや糖質について、ご説明いたしましょう!!

糖質制限できる!?カロリーや糖質はやっぱり高い!?

生クリームのカロリーと糖質について知っておきましょう!!

・生クリーム(動物性)100gあたり…433カロリー/糖質3.1g

・ホイップクリーム(植物性)100gあたり…422カロリー/糖質17.6g

糖質だけを見てみますと、ホイップクリームの方が低いですね。ですが、カロリーが気になります。。

糖質制限ダイエットは、カロリーを気にしない!というのがポイントにはなりますが、、、

例えば、お米で比較してみましょう!!

お米100gあたり…168カロリー/糖質36.8g

カロリーはお米の方が低いですが、糖質はかなり違いますね!!これにより、生クリームの方が高いという事がわかりました!!

ちなみに、スーパーで売られている生クリームなどは基本200gの紙パックに入っています。200gをすべて使用する場合は、882カロリー摂取という事になります。

一般的に成人の方がカロリーを摂取する場合、1日2000カロリー程度といわれています。つまり、1食辺り約650~700カロリー弱の食事という事です。つまり、1パックでそのカロリーを摂取するという事は、かなりのカロリーオーバーという事になります△

うーん、何とも言えない気持ちですね。。。

それでは、どうすれば糖質制限中でも生クリームやホイップクリームを我慢せず食べることが出来るのでしょうか??

〇〇オフや豆乳など、商品表記をよく見てみよう!!

今では健康を考えた生クリーム商品が並んでいます!!是非それを手に取ってみて下さい◎

・植物性の低脂肪タイプのホイップは、100gあたり約67カロリー/糖質5.5g

・豆乳クリームは、100gあたり46カロリー/糖質2.9g

・ヨーグルトクリームは、100gあたり62カロリー/糖質4.9g

このように、今ではたくさんの生クリームの種類があります!!これらを代用するのも有り★という事になりますね!

あれ!?でも、低脂肪ホイップの糖質と動物性の生クリームの糖質を比較すると、「生クリームの方が糖質が低い!!」という事がここで分かりました◎

そうなんです!!確かにカロリーは高いです。ですが、生クリームの糖質はかなり低いという事がここでご理解いただけたかと思います◎つまり、ダイエット中に生クリームを使用するのもオススメという事になります。

もちろん、摂りすぎはダメです×

カロリーは高いので、太る原因となります。ですので、摂りすぎにはご注意下さい。

【生クリームにもたくさんの栄養が含まれています!!】

生クリームは太るだけではありません。しっかりと栄養も摂れます!!

「動物性:生クリーム」

・ビタミンB1

疲労回復効果・認知症予防

・ビタミンB2

皮膚や粘膜の成長を促す・口内炎や肌荒れを改善

・カルシウム

骨や歯を丈夫にする働き

・ビタミンE

活性酵素による細胞を守る働きを持つ・老化予防

「植物性:ホイップ」

・脂質

臓器の保護・寒冷から守る働き・ホルモンや細胞や核膜を構成

・リン

カルシウムと同様に骨や歯を作る効果を持つ

・たんぱく質

筋肉や臓器を構成する

見た目では感じませんが、意外にもたくさんの栄養が含まれていることがわかりました◎

【ちょっと待って!!知っておくべき注意点!!】

「トランス脂肪酸」はご存じでしょうか?

食べるプラスチックと言われているくらい危険なものです!

どんなものに入っているのか?

これらは人工的に作られた油に含まれています。例えば、マーガリンやファットスプレッドなど。

悪玉コレステロールを体内に増やし、善玉コレステロールを減らす働きがあります。これにより、動脈硬化や虚血性心疾患(心筋梗塞など)のリスクが高まります。そして、アレルギーや妊娠中の胎児への影響にも繋がる恐れがあるのです。これらは、植物性のクリームに使用されていることが多いです。

安全性のある生クリームは、「純生クリーム」です。パッケージにもそのように表記されているので、是非確認してみましょう。

コストはかかりますが、安全を第一位考えるとこちらを選んでほしいところですね。

ホイップはその分金額は安いです。やはり、健康的なものは何でもコストはかかりますね。ですが、大事なことなので、是非チェックしてから購入しましょう!!

【まとめ】

ダイエット中の生クリーム摂取は我慢せず食べてもOK!!

ですが、あらゆるところを注意しないといけません。商品や摂取量などを是非工夫して我慢せず食べて下さいね!!

ABOUT ME
たむすわん
こんにちわ!たむすわんといいます! 私自身アラサーを超えたあたりから贅肉が落ちにくくなり、みるみる太っていってしまい、身長168cm、体重80kgという見事なデブになってしまいました。しかもお腹だけポッコリなメタボ体型でした。そんな私ですが、周りの目がだんだんと気になり、色々なダイエット方法を試し、結果的に15kgのダイエットに成功しました。今まで試したダイエットをこのサイトにまとめていきます!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です