糖質制限

糖質制限中にどんどん食べるべき!?ブロッコリーを徹底解明!

糖質制限をしているとき、「え!こんなものが高糖質だったの!?」とか、逆に、「これは食べて大丈夫なんだ!」と思うものが多くありますよね。

あなたは糖質制限に向いている野菜、向いていない野菜をどれだけ知っていますか?

今回は、ブロッコリーについてお伝えしていきます。

 

緑黄色野菜と淡色野菜

そもそも野菜には、緑黄色野菜と淡色野菜に分けられるということを知っていますか?

色の濃いものが、緑黄色野菜、色が白っぽいものが淡色野菜に分けられますが、わかりにくい食材もありますよね。

「これのわかりやすいポイントは半分に切った時に、中が白いと淡色野菜」と言うことです!ほとんどの野菜がこれに当てはまりますよ。

 

では、形がそっくりなブロッコリーとカリフラワーはどうでしょうか。

ブロッコリーが緑黄色野菜で、カリフラワーが淡色野菜に分類されるのです。

この二つを比較すると、ブロッコリーに含まれる糖質はカリフラワーの1/3程度なんだとか!

ブロッコリーの糖質って!?

 

ブロッコリーは、低糖質な野菜として挙げられます。

では、実際にどれくらいの糖質を含んでいるのでしょうか。

 

ブロッコリー50g(だいたい一口サイズが5~6個分)で、14kcalです。

 

そして、気になる糖質量ですが、なんと…50g中に、0.4gしか含まれていないのです。ブロッコリーは食べてみてわかると思いますが、非常にお腹にたまる食材ですよね。それなのに、こんなにカロリーが低く、低糖質だとは嬉しい限り!

 

ブロッコリーに含まれる栄養素

ブロッコリーには、たくさんのビタミンが含まれ、妊娠中や妊娠を希望する女性に必要な葉酸、体内の不要な塩分を排出させるカリウム、便通を良くする食物繊維が豊富に含まれています。

 

特に、ビタミンCはかなり豊富に含まれています!しかし、ここで注意点!ビタミンCは水に溶けやすいので、茹で時間が長いと茹で汁にビタミンCが流れ出てしまうのです!茹で時間は短めにしましょうね。また、電子レンジでチンする方法の方がビタミンCは効率よく摂取できますよ。

 

脂溶性ビタミンである、ビタミンEやビタミンKも多く含まれていますよ!

これらのビタミンは、油で炒める事でより多く摂取ができます!中華料理でよく炒め物にブロッコリーが使われるのは、ビタミンを多く摂取する効果があるそうですよ!

まとめ

ブロッコリーは、糖質が多いと思われがちですが、意外にもかなり低糖質。

 

というのも、ブロッコリーには、糖質は少ないけど、食物繊維が豊富に含まれているのが大きな理由ですね。

 

糖質制限の食事に限らず、女性の方には特に積極的に摂ってもらいたい食材のひとつです。また、調理法として、茹でるのではなく、電子レンジでチンすることがビタミンCの流出を防ぐことに繋がるとは驚きですね。

糖質制限の方、サラダには、ぜひブロッコリーを取り入れてみましょうね。

 



 

ABOUT ME
たむすわん
こんにちわ!たむすわんといいます! 私自身アラサーを超えたあたりから贅肉が落ちにくくなり、みるみる太っていってしまい、身長168cm、体重80kgという見事なデブになってしまいました。しかもお腹だけポッコリなメタボ体型でした。そんな私ですが、周りの目がだんだんと気になり、色々なダイエット方法を試し、結果的に15kgのダイエットに成功しました。今まで試したダイエットをこのサイトにまとめていきます!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です